インドネシア情報ライン

「ヌサンタラのポルトガル人(9)」
(2020年08月06日) 1572年にアンボンのカピトゥン、サンショ・ドゥ・ヴァスコンセロスSancho de Vasconcelosがアンボン市内に要塞を作り、要塞の中には教会が三つ建てられた。 1575年、アンボンカピトゥンの甥がテルナーテのスルタンハイルンを殺害したため、 ハイルンの皇太子がテルナーテ人を率いてアンボンの要塞を攻撃し、要塞は破壊された。 殺害犯人はゴアまで逃げたが、リスボンのポルトガル国王がテルナーテで裁きを受けさせ るよう命じたため、手鎖を付けて海路テルナーテへ連行された。しかし護送途中のジュパ ラで闘争が起こり、犯人はそこで殺された。

…続きは下記のボタンをクリック

「ゴルパラ茶(後)」
(2020年08月06日) プルバワティ、ゴルパラ、グデGedehの各地区に製茶工場が作られ、三工場が相互に協力 しながら生産活動を行っていた。1923年にグデ工場が火事に見舞われると、農園の茶 葉はすべてゴルパラ工場に運ばれて加工された。

…続きは下記のボタンをクリック


adminjktlife
Author: adminjktlife

コメントを残す