Jokowi: Indonesia Harus Jadi Pusat Gravitasi
Ekonomi Syariah Dunia

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Jumat, 22 Oktober 2021 | 10:58 WIB


 ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアが世界のシャリーア経済(イスラム経済)の中心にならなければならないと強調した。

このため、インドネシアのイスラム経済の発展をさらに急速に発展させるためには、利害関係者間の協力と相乗的努力が必要である。

「インドネシアは世界のシャリーア経済の中心でなければなりません。アルハムドゥリッラー、私たちのシャリーア経済の発展は非常に速い」とジョコウィは、

ジャカルタ大統領宮殿複合施設の州庁舎での全国学生デーの記念とシャリーア経済共同体(MES)の新しいロゴの発表でスピーチをしたときに言った、金曜日(2021年10月22日)。

ジョコウィ氏は、さまざまな場面で、世界で最もイスラム教徒の人口が多い国としてインドネシアは、世界のシャリーア経済とハラール産業の主要なプレーヤーにならなければならないことを明らかにしました。

世界イスラム経済指標レポートのデータに基づくと、インドネシアのイスラム経済セクターは大幅な成長を遂げています。

これは、2018年のイスラム経済部門におけるインドネシアの位置から見ることができます。これは世界のトップ10にランクされ、2020年に急激に増加して世界のトップ4に到達しました。

「私たちは毎年見ています。 2018年、インドネシアのシャリーア経済は世界のトップ10にランクされました。これは2018年のことでした。副大統領が述べたように、2020年には、インドネシアのシャリーア経済はすでに世界で4位にランクされています。上がって、上がり続けよう」とジョコウィは言った。

それにもかかわらず、ジョコウィ氏はすべての当事者にこれらの成果に満足しないように求めました。

しかし、インドネシアのイスラム経済がさらに速く成長できるように、利害関係者間の相乗的な努力が必要です。

「そしてそれはイスラム経済界が果たさなければならない重要な役割です」とジョコウィは言いました。

<日本の食品メーカーも提案して行けば、勝算あり!)


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す