タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

 

インドネシア情報ライン


「ランタン(2)」

(2021年10月26日)

ティフィンの歴史に戻ろう。インドでティフィンの使用が活発化したのは、イギリス人に よるインド支配が深まってからのことだった。

イギリス人が何人もインドの要所要所に住 み着き、そこで家族と一緒に暮らすようになった。イギリス人のオフィスで働くペルシャ 人も増加した。

ところがインド料理はかれら異文化人の口になかなか合わなかった。つま り、オフィスの内外でインド人に昼飯を作らせてそれを食べることのできる豪傑人間があ まりいなかったということらしい。もちろん、外の道端にあるフードスタンドで食べると 下痢が怖いという要素もあっただろうが・・・

…続きは下記のボタンをクリック


「ヌサンタラの馬(15)」

(2021年10月26日) ラハから南西に25キロほど離れた内陸のラワ郡ラトゥゴ村が県内最大の馬飼育地区だ。 この村にあるいくつかの家が多数の馬を飼っており、馬は農耕の収穫物を運ぶのに使われ ている。

2010年のデータでは、ラワ郡の馬は165頭、ラトゥゴ村では3家族が40 頭を飼っている。

…続きは下記のボタンをクリック


ランタン(1)インドネシア情報ライン インドネシア | ブロガー

1 thought on “ランタン(1)インドネシア情報ライン

  1. ピンバック: 久々のイベント情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。