Kembangkan Musik, Trinity Gandeng
Perusahaan Hiburan Korea Selatan

オンラインメディア「Jawapos」が伝えています!
9 November 2022, 12:05:39 WIB


トリニティ・オプティマ・プロダクション(TOP)<国内レコード会社>は、バーチャルライブパフォーマンスと音楽パフォーマンス・プラットフォームを手掛ける韓国のエンターテインメント企業、アシムラ社との戦略的パートナーシップを承認しました。

この協力は、覚書(MOU)の締結によって実現されますが、2022年11月2日に韓国・ソウルのインドネシア共和国大使公邸で行われました。

Trinity Optima ProductionのCEOであるヨナタン・ヌグロホ氏は、このコラボレーションは、エンターテインメント業界のプレーヤー、特にインドネシアから韓国への音楽、またその逆へのアクセスを増やすことを目的としていると述べています。

韓国は、あらゆる才能を管理しているという利点があり、そのほとんどすべてのタレントが国際的に活躍できる可能性を持っているという点で優位性があると述べた。

グローバルに活躍するK-POPタレントの共通点は、「国際的なマーケットに対応できるように訓練されている」ことだ。

外国語の要素を含む歌に始まり、それぞれの外国語能力、服装のスタイルに至るまで」と、JawaPos.comが11月9日(水)に受け取った文書で述べています。

また、ヨナサン氏は、韓国のタレントマネジメント会社が、伝統的なクリエイティブ産業の分野を、現代的でトレンディーなものに加工し、若い世代の好みに合わせていることについても意見を述べました。

そのひとつが、ポップス、ジャズ、ロックに展開できる<※>「アリラン」(朝鮮民謡)という曲だ。


<※>アリラン:ウィキペディア

アリラン』(朝鮮語아리랑、中国語:阿里郎)は、朝鮮民謡キキョウを掘る娘を歌った『トラジ』とともに朝鮮半島内外で最も有名なものの一つ。明るいメロディーのトラジと哀調を帯びたアリランは朝鮮民謡の代表作と言える。


「インドネシアでは、ダンドゥットやカンパーサリ(インドネシア音楽ジャンルの1つ)などの伝統音楽も発展させることができ、それが今回のコラボレーションによる目標の一つです」とヨナサン氏はさらに語った。

一方、株式会社アシムラのCEOであるアシム・ファウジ氏は、トリニティとのコラボレーションは、3つの重要なことを重点を置くという。

すなわち、デジタルコンテンツ制作、音楽、映画・テレビ分野でのコラボレーションなどです。

同氏によると、この2年間のCovid-19の大流行により、人々はアーティストのパフォーマンスをデジタルで見ることに慣れたという。

そのため、インドネシアのクリエイティブな才能が、韓国の人々を含むより多くの消費者のデジタルプラットフォームに登場する可能性が高まっています。


カテゴリー「エンタメ」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。