Jarang Terekspos, Potret Ratna Sari Dewi
Cium Makam Soekarno Sambil Menangis

オンラインメディア「Meredeka」が伝えています!
Rabu, 22 Juni 2022 09:34


6月21日のスカルノ大統領の命日に、カルティカ氏が(母親がデウィ夫人)と一緒にスカルノ氏の墓を訪れた時の特別な瞬間をアップしました。

カルティカ氏は、スカルノ大統領と6番目の妻ラトナ・サリ・デウィ・スカルノ(デウィ夫人)との間に生まれた一人娘です。

その後、滅多に表に出ることのないデウィ夫人の思い出の古い映像が拡散され、世間の注目を浴びることになった。ラトナ・サリ・デウィは、夫の墓にキスした後、泣いている所を目撃されました。

Instagramアカウント「@kartikasoekarnofoundation」で、水曜日(6月22日)全レビューをご覧いただけます。

インドネシアの初代大統領のスカルノ氏は、インドネシア国家の解放に重要な役割を果たした人物である。

彼をリーダーとして尊敬する人は少なくない。Koesno Sosrodihardjo(ウィキペディア)という名前のこの人は、1970年6月21日に69歳で亡くなっている。

昨日(21/6)、ブンカルノホールイベントの52回目で、政党PDIPは<※1>tahlilan(儀式)を開催し、「Majelis Ta’lim」と「shalawat Syubbanul Muslimin」と唱えました。


<※1>Tahlilan:タフリラン(インドネシア語)ウイキペディア

タフリランは、一部のイスラム教徒によって行われる救済の儀式/儀式であり、主にインドネシア、おそらくマレーシアで、亡くなった人々を記念して祈るために行われ、通常は死の初日から7日目まで行われます。次に 40 日、3 日目、100、1 年目、2 年目、3 年目と続きます。 1000日目にタリランをする人もいます。


その際、現在オランダに住むスカルノの娘、カルティカ・サリ・デウィ氏が思い出の動画をアップしてくれた。父親の死を悼む形で。

「今日は亡き父の命日で、叔母のワルドヨ夫人と行った70年代のビデオを掲載します」と、彼女は6日(火)に発表しました。


カテゴリー「エンタメ」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。