Cara Jepang lobi Dewi Soekarno demi
proyek uang pampasan perang

オンラインメディア「Mereka.com」が伝えています!
Senin, 4 November 2013 04:02


デウィ・スカルノ氏がブン・カルノ氏を紹介されたのは、東京の帝国ホテルの関係者からだった。

デウィ氏がジャカルタを訪れた際、初代インドネシア大統領は “君は私のインスピレーションと力の源になるだろう “とささやき、プロポーズをしたそうです。

彼女は、憧れの人のカリスマ性に魅了され、やがてラトナ・サリ・デウィと名乗って結婚したといいます。

デウィ氏の本名は根本 七保子(ねもと・なおこ)

三宅良美氏の論文「日本のインドネシアへの戦争賠償の政治的・文化的側面」から引用すると、根本七保子氏は1958年から1960年代にかけて、「東日貿易」などの日本企業がインドネシアでプロジェクトを獲得するための媒介となりました。

このプロジェクトは、日本がインドネシアを占領した際の賠償金である戦争賠償金から生まれました。


サイト外参考リンク:インドネシアの戦後賠償ビジネスの工作活動から誕生したデヴィ夫人
(ブログ「日々の気づき」)


彼女は、ラトナ・サリ・デウィと名を変え、スカルノの5番目の妻となりました。根本氏は、当時ジャカルタに進出していた日本企業のビジネスの中心人物になったと考える関係者は多い。

三宅氏は、「当時、インドネシアではデウィさんの許可がないと商売ができなかった。」と言います。

そのため、当時のビジネスマンは皆、ラトナ・サリ・デウィ氏のために建てられたウィズマ・ヤスーに行かなければならなかった。これを「デウィへの訪問」あるいは「デウィ・ムード」と呼んだ。

実際、日本の会社、木下氏はデウィ氏の仲介でウィスマ・ヌサンタラ・ビルを受注することができたと三宅氏は書いている。


サイト外参考リンク:

本の紹介1冊目~続き③~:神鷲(ガルーダ)商人 戦後賠償の構図、登場人物解説
こちらを参照させていただいております!
Noteブログ:桐島 東南アジア(ASEAN)ゼミ ~国際協力と日・ASEAN探究~


サイト内関連記事:スカルノ氏に愛された、もう1人の日本人女性「サキコ」物語(更新)

https://jktlife.com/jktlifenews/19418/


しかし、三宅氏によれば、ラトナ・デウィ・スカルノ氏とブン・カルノの第2夫人ハルティニの影響力は、かつてスカルノに車の輸出を認めさせようと競争していた日本の自動車会社2社によって「争奪戦」が行われていた。

その頃、ラトナ・サリ・デウィ氏は、スカルノ氏が、まだ久保と東日貿易からジープを購入する契約を結んでいることを知った。

彼女は、ブン・カルノ氏が久保との契約解除することを聞かなかったため、1964年に東京で自殺未遂を起こしたこともある。

1962年、彼女は、当時日本医師会会長で鹿島建設の社長だった武見太郎と、ジャカルタに病院を建設する計画について話し合ったこともある。

1963年9月、インドネシアを公式訪問中の池田勇人首相夫妻に、スカルノ大統領の紹介でデウィ氏がプライベートで会うことになった。

グリーン元駐インドネシア米国大使によると、当時の斉藤斎藤 鎮男、駐インドネシア日本大使は、デウィ氏のために特別に宮殿に出入りしていたという。

彼女は、日本企業からのコミッションの受け取りを何度も否定した。

ブン・カルノ氏の治世の終わり頃、デウィ氏はインドネシアを離れた。

彼女は、ブン・カルノ氏を窮地に追い込んだとして、不貞を働いたと訴えられた。デウィ氏はこれを否定した。

「私は彼とずっと一緒にいたかったのですが、彼は私とお腹の赤ちゃんの安全のために、私を追い出したのです」。デウィ氏は、今や世界のジェットセッターの間で認められています。日本のテレビ番組にもたびたび出演している。


カテゴリー「エンタメ」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。