Kemenkes RI Ungkap Kondisi
Suspek Cacar Monyet di Jateng,
Begini Gejalanya

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 04 Agu 2022 16:41 WIB


スマランのカリアディ病院で隔離と、さらなる検査を受けている中部ジャワのサル痘患者の疑いの流布されている報告書。

インドネシア保健省は、これまで患者のサル痘の確認に関して確実性がないことを強調した。

これは、検査室がサンプルを受け取ってから結果が出るまでに少なくとも 3 日かかるためです。

「結果は、BKPK:Badan Kebijakan Pembangunan Kesehatan(健康開発政策局) が結果を受け取ってから 3 日です。サンプルは昨日送られてきたばかりです。

すべてのサンプルは検査され、他のサンプルはありません。」と、木曜日(2022 年 8 月 4 日)に detikcom が確認した際、疾病予防管理(P2P)局長のマキシ・レイン・ロンドヌー博士は述べました。

さらに、マキシ氏によると、これまでにインドネシアで合計 10 人のサル痘患者として疑われています。そのうち9人は、検査結果に基づいて陰性でした。

それらのすべては、次の形でサル痘に似た症状を経験しました。

  • 皮膚の発疹
  • 手足の小水疱

以前、インドネシア保健省のスポークスマンであるモハマド・シャフリル氏は、中部ジャワで疑われるサル痘は外国旅行者 ではなく、また男性との性交渉はなかったと説明した.

現在、サル痘はゲイやバイセクシュアルのグループに集中しているという情報が広まっています。

「それは単なる疑われている患者であり、現在治療のために隔離されています」と、水曜日(8月3日)にdetikcomから連絡を受けたシャフリル氏は述べました.

「それは外国旅行者ではなく、同性愛者グループに属していません」と彼はさらに言った。


カテゴリー「健康・美容」記事リスト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。