Pahami Manfaat dan Efek Samping
Teh Hijau bagi Kesehatan

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
更新 23/01/2023, 07:54 WIB


緑茶は、その健康上の利点により、今日多くの人々に人気があります。

中国の歴史では、何千年もの間、緑茶は薬用に使用されてきました。

Camellia sinensis(ツバキ科ツバキ属の常緑樹:茶の木) 植物の葉から作られる緑茶は、その加工により、他の種類のお茶よりも健康的であると考えられています。

植物の若い葉は、収穫され、練り、蒸し、または焙煎され、乾燥されます. このプロセスは、発酵を防ぎ、茶葉に有益な化合物の多くを保持するのに役立ちます.

<緑茶の利点>

緑茶には、炎症を軽減し、酸化ストレスから保護し、細胞の損傷を防ぐ天然化合物であるポリフェノールが豊富に含まれています。

それだけでなく。 緑茶には、高レベルの天然フェノールと、カテキンと呼ばれる抗酸化物質も含まれています。

エピガロカテキン-3-ガレート (没食子酸エピガロカテキン:EGCG) は、緑茶に最も多く含まれるカテキンです。

その証拠に、ECGC が心臓の健康の改善、認知機能の改善、減量の促進、血糖値の調節、消化器の健康の維持、および特定の種類の癌の予防に役立つことを示します。

緑茶の健康効果は次のとおりです。



  1. 心臓の健康を守る。

緑茶を飲むと心血管疾患を予防し、心臓発作や脳卒中のリスクを下げることができます。 31件の研究から得られた証拠により、この両方の疾患のリスクが低下し、総コレステロールと低密度リポタンパク質(LDL)、つまり「悪玉」コレステロールが大幅に低下することがわかりました.

EGCGなどの緑茶に含まれる抗炎症化合物は、血管を弛緩させ、血管の炎症を軽減させることが示しています.

緑茶の毎日の摂取量が心臓の健康に最適であることは正確にはわかっていません.

しかし、毎日 3~5 杯の緑茶を健康的な食事と一緒に飲むと、心血管疾患による死亡リスクが 41% 低下するという証拠があります。

  1. 脳の健康を改善する

緑茶は、次のような方法で脳の健康に良いと言われています。

気分を改善する、ストレスを軽減する、認知機能を改善する、加齢に伴う認知機能の低下と神経変性疾患を予防する、緑茶に含まれるカフェインは、気分、エネルギーレベル、反応時間、記憶力を改善します。

カフェインに加えて、この飲み物には、気分を改善し、ストレスを軽減し、ドーパミンとセロトニンの産生を増加させるアミノ酸であるL-テアニンも​​含まれています.

<中略>

緑茶に含まれるカテキンは、アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病などの神経変性疾患を予防します。

研究に基づいて、年齢、生活習慣、先天性疾患などのリスク要因を調整した後、緑茶は加齢に伴う認知機能低下のリスクを 64% 低減できることが明らかになりました。

  1. 減量を助ける

緑茶の摂取と減量の関係を調査した研究がいくつかあります。

緑茶に含まれるカフェインとカテキンは、新陳代謝を促進し、脂肪の燃焼を助けることがわかっています。

減量に対する緑茶抽出物の効果を調査したある研究では、緑茶抽出物サプリメントを12 週間摂取すると、大幅な減量がもたらされると結論付けられました。

緑茶抽出物サプリメントは、研究参加者の体格指数(人間の体格のバランスを把握するために計算される指数)も低下させました.

  1. 血糖値の制御

「2 型糖尿病」は血糖値の上昇と関連しています。

これは、体が十分なインシュリンを生成しないか、インシュリンを適切に使用できない場合に発生します。

研究では、緑茶が血糖値を調節し、インスリン抵抗性を改善するのに役立つことが知られています。

8カ国の100万人以上の成人を対象とした19件の研究を分析したところ、1日あたり約4杯の紅茶、緑茶、またはウーロン茶を10年間飲むと、2型糖尿病のリスクが低下することがわかりました.

その後、中国の成人を調査した研究では、毎日の緑茶の摂取が2型糖尿病のリスク、糖尿病関連の健康合併症のリスク、および糖尿病患者の死亡のリスクの低下と関連していることが示されました.

  1. 特定の種類の癌から保護する

緑茶にはポリフェノールが豊富に含まれており、フリーラジカルと戦い、細胞や DNA を損傷から保護します。

緑茶の抗酸化特性は、次のような癌予防にも役立ちます。

  • 乳がん:緑茶を飲むと、乳がんのリスクが15%減少します。
  • 結腸直腸ガン:研究によると、緑茶を飲む人は結腸直腸ガンを発症するリスクが低い(30~40%)ことが示されています。
  • 口腔がん: 研究によると、緑茶を長期間摂取すると、口腔がんの発症リスクが低下します。

<緑茶の副作用>

緑茶は、1 日 8 杯まで飲む限り安全と考えられています。

さらに、カフェインを過剰に摂取すると、次のような副作用が発生する可能性があります。

  • 緊張
  • 不眠症
  • 頭痛
  • めまい
  • 速い心拍
  • 脱水
  • 頻尿

以下省略


<簡単解説&コメント>

日本で言えば、お茶を産地の平均寿命が長いことは、証明されていますので、上記の事は、ある程度日本人では常識となっていますが。インドネシアでは、びっくりするお話でしょう。

日本しかできない「お茶」の製品をもっと世界中に、知識と同時に届ければ、世界からもっと注目される日本の名物になり得ます!


カテゴリー「健康・美容」記事リスト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。