Indonesia enters monitoring stage of
Sinovac vaccine late-stage trial

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が伝えました!
Jakarta   /   Fri, November 13, 2020   /   03:07 pm


インドネシアは、中国で開発されたワクチンSinovacの第3相臨床試験のモニタリング段階に入ったと国営製薬会社PT BioFarmaのディレクターであるHonesti Basyir氏は述べています。

「このモニタリング段階は、[ワクチンの]有効性、免疫原性を確認し、その安全性を確保するために実施されています」と、ホネスティ氏は木曜日に

tempo.co

が引用したように述べました。

彼はまた、臨床試験チームが2021年5月までにモニタリングフェーズを終了することを望んでいました。

モニタリング結果は、緊急使用許可(EUA)を取得するために、来年1月初旬に中間報告を通じてインドネシア食品医薬品局(BPOM)に配信されます。

レポート自体は、有効性、免疫原性、安全性に関する証拠で構成されます。

ホネスティ氏はまた、第3相臨床試験は、ブラジル、チリ、インドネシア、トルコの4か国が実施し、2万人以上のボランティアが参加した世界的な多施設臨床試験の一部であると述べました。彼は、世界中のさまざまな人種でのワクチンの有効性を確認するために、さまざまな国で臨床試験が実施されていると説明しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。