<イヴァン氏>
頭が良く、親日家のインドネシア人のグループ「カジ会」の主要メンバー。
同時通訳可能 「英語―日本語―インドネシア語」

<人間像>

高校生17歳の時にAPUの説明会(日本の大学への留学説明会)があると聞いて、自宅から10キロある場所に、バイクタクシーなどあらゆる交通手段使って、約1時間をかけて行く。得意な英語で日本へ留学できる事を聞き付け、試験を受け、日本への留学を手に入れた。

夢に一筋に進む純粋な気持ちは、今の仕事にも生かされている。

https://www.apu.ac.jp/apu10th/message/alumni/ananda-setiyo-ivannanto-alumni.html

3カ国同時通訳ができる事で、日本、インドネシア、その他の英語を使う様々なキーパーソンとの深い打ち合わせをする、世界的に見ても貴重な存在。


<本人からの本音を少し>

編集員
日本語での留学でなくて、どうして留学できたの?

イファン氏
APUの説明会の時に、英語ができれば、留学するチャンスがあると聞いて、英語能力を磨きました。留学が決まった後に、ジョグジャカルタにあるガジャーマダ大学の農業技術学部の農業工業学科に8ヶ月間ぐらいに行きました。日本語は、大学に入ってから初め、頑張り、独自APUの日本語基準独自基準<上級1>を取る事ができました!周りの方々のお陰です。

編集員
どうしてそんなに日本語が上手くて、同時通訳ができる様になったの?

イファン氏
今もお世話になっているコンサルタント会社の会長さんに、見出され、インドネシア国内と日本、さらにアジアを中心に様々な場所へ行き、ミーティング、ミーティングの連続の結果、頭がその様に動く様になりました。


<学歴>

  • 2004年4月に入学し、経営学(Bachelor of Business Administration in Asia Pacific Management)を学び、2008年3月に卒業。
  • 2008年4月から、国際協力政策部、大学院に進む。(Master of Science in International Cooperation Policy)

http://www.apu.ac.jp/home/uploads/fckeditor/aboutAPU/publicity/crossroads/Crossroads2013.pdf

<略歴>

  • 日本:

Asia Africa Research Consultant Investment <Director>
東南アジア、南アジア諸国を中心とした日本におけるリサーチ、コンサルタント、投資持株会社

  • インドネシア:
  1. PT Awina Sinergi International <最高経営責任者>
    再生可能エネルギー、食料安全保障、ヘルスケア、環境ビジネスに焦点を当てたインドネシアと日本の合弁事業
  2. PT Awina Sinergi Indonesia/A-Wing Co. Ltd. 社長/インドネシア代表
    再生可能エネルギーのワンストップソリューション
    (エンジニアリング、コンサルティング、ファイナンス)

インドネシアでビジネスをお考えの方で

彼にご興味を持たれた方、こちらまでご連絡ください。
私までお問い合わせください。お繋ぎいたします!

Email: ivannanto@yahoo.com
Web:    http://awina.co.id/

adminjktlife
Author: adminjktlife

コメントを残す