この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Cegah DBD dan Covid-19 di Jawa Barat,
Pemprov Terima Bantuan Pihak Swasta

オンラインメディア「tribunnews」が伝えています!


梅雨に入ると、デング出血熱(DHF)の脅威に注意する必要があります。さらに、kompas.comによって報告された、2020年のYogyakarta World Mosquito Program(WMP)Prof。Adi Utarini氏(主任研究員)によると、デングの症例は大幅に増加しています。

保健省のデータによると、2020年10月27日までに、デングの症例は93,178例に増加し、645人が死亡しました。それだけでなく、2020年1月から2020年11月18日までに95,471件の症例があり、最も症例の多い地区/都市はブレレン、バンドン、バドゥンでした。

デング熱を防ぐために、健康的なライフスタイルを採用するだけでなく、貯水池の排水、貯水池の密閉、使用済みアイテムの使用など、蚊の繁殖地にならないように「PSN 3M Plus」※を実行できます。


参考資料:「PSN 3M Plus」:

蚊の巣撲滅プログラム(PSN)と3M(マスク、手洗い、距離を取る)

コメントを残す