この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
COVID-19 figures keep getting worse, says President

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が伝えています!
Mon, November 30, 2020   /   07:03 pm


ジョコ・ウィドド大統領は、
全国のアクティブ率が13.41%になり、先週からほぼ1ポイント増加したと。COVID-19感染のリスクを再び国民に思い出させました。

アクティブ症例の割合は、確認された症例の数からCOVID-19の回復者数と死亡数を差し引くことによって計算されます。

統計は、まだ感染性が強いと見なされているケースの数を表します。

ジョコウィ氏は、月曜日にジャカルタで開かれた内閣会議の開会のスピーチで、kompas.comが引用したように、「11月29日の時点で、アクティブ率が13.41%に上昇したため、もっと注意しましょう」と述べました。

先週のインドネシアのアクティブケース率は12.78パーセントでした。

ジョコウィ氏によると、回復率は先週の84.03から83.44%に低下しており、パンデミックに適切に対処できなかったことを示唆している。

「これらの数字は、前の週と比較して今週より多く、新しく確認された症例を見たために悪化しました。」

大統領は、ジャカルタと中部ジャワを、最近確認された最も高い症例を記録した州として具体的に指摘した。

11月21日、ジャカルタでは1日で1,579件の新規症例が見られましたが、
中部ジャワでは11月13日のみで1,362件の症例が記録されました。

コメントを残す