この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Planned LRT Jakarta route change meets resistance

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が伝えています!


ジャカルタ政権は、最初のライトレールトランジット(LRT)のルートを変更することを計画しています。

これは、議論から除外された市議会議員が、決定が早すぎるという懸念を表明したためです。

大統領規則第55/2018号によって制定された2018年から2019年の大ジャカルタ交通マスタープランに従って、回廊は北ジャカルタの「クラパガディン」から中央ジャカルタの「ドゥクアタス」まで伸びます。

「クラパガディン」と東ジャカルタの「ラワマングン」にあるジャカルタ国際競輪場を結ぶルートの最初のセクションは、2019年12月1日に正式に運行を開始しました。

それ以来、市政は「ベロドローム」から南ジャカルタの「マンガライ」への路線の拡張に備えています。 しかし、市は9月に路線を「ベロドローム-ハリーム」にルート変更する提案を提出しました。 提案されたルートは、すべて東ジャカルタの「クレンデル、ポンドックバンブー、ハリム」に停車するようです。

ジャカルタ運輸局のシャフリン・リプト長官は、提案されたルートは、2022年までにマンガライ駅を長距離鉄道ハブに発展させ、駅の建設に伴う潜在的な混雑やその他の複雑さを軽減するという政府の計画に対応することを目指していると述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。