この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Aprobi: Selama Pandemi, Industri Biodiesel Bantu Perekonomian

オンラインメディア「インベスタ」は伝えています!


バイオディーゼル産業は、バイオディーゼルと化石燃料をブレンドすることにより、政府が立ち上げたグリーンエネルギープログラムを支援しています。

このエネルギー安全保障への取り組みは、経済の回復に取り組んでいる政府を支援する事であり、B30(※)プログラムを支援するために、バイオディーゼル生産者は生産能力の増強を計画していますが、Covid-19の大流行により、生産の増加計画は延期されています。

インドネシアバイオ燃料生産者協会(Aprobi)のMP Tumanggor会長は、Covid-19のパンデミックの状況を調整した後、追加の生産能力は2021年と2022年まで延期されると述べた。

2020年には、360万キロリットルの追加生産能力が計画されており、2021年には340万キロリットル延期される予定です。

2020年のB30プログラムの継続は、原材料供給の利用の可能性と物流輸送の円滑な運営を支えるには確かに障害がありますが、それらは適切に解決することができます。


<参考資料>
(※)B30プログラム:軽油にバイオディーゼルを30%混合した「B30」製品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。