この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Satgas Sebut Kerumunan Perburuk Sebaran COVID-19 di Banten

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!


バンテン州の4つのエリア、すなわち「チレゴン市、セラン県、西タンゲラン、タンゲラン市は、COVID-19感染のレッドゾーンになりました。

ゾーンの変更の1つは、コミュニティが健康プロトコルに対してあまり規律がなく、混雑の習慣を悪化させたという事実によるものでした。

バンテンCOVID-19タスクフォースのスポークスマンAtiPramudji Hastutiは火曜日(2020年12月1日)、「国民は健康プロトコルを順守することについて懲戒処分を受けていない。これは群衆の行動によって悪化し、感染のリスクが高まる」と述べた。

Ati氏は、配布ゾーンを変更する要因は、コミュニティのより大規模な移動性によるものでもあると強調しました。彼は、先月の長期休暇と「cuti bersama」(有給取得の奨励日)がコミュニティの広がりの原因の1つであると述べました。

さらに、コミュニティはSWAB/PCRテストを恐れていることがわかりました。 特に彼らがコロナによって示される症状を経験するとき。


参考資料:タスクフォース

新型コロナウイルス緊急対策本部

コメントを残す