この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Dokumen bocor: China bohong tentang
data kasus Covid-19 dan salah penanganan pandemi

オンラインメディア「コンタン」で伝えています!
出典:TheIndependent.co.uk | 編集者:Barratut Taqiyyah Rafie
Rabu, 02 Desember 2020 / 06:47 WIB


漏洩文書:中国はCovid-19の事例とパンデミックの誤った取り扱いに関するデータについて嘘をついた。

漏洩した文書によると、Covid-19感染の症例数について中国が報告したデータは実際の症例よりも少ない。 さらに、中国はウイルスの重症度を過小評価しており、パンデミックの初期段階で症例をすぐに診断することに失敗しています。

“インディペンデント”は、CNNが入手したHubei Province Center for Disease Control and Preventionから発信された117ページの内部文書が、世界がウイルスの急速な拡散を封じ込めるために取り組んでいる時に、中国共産党が重要な情報をどのように差し控えているかを示していると報告しています。

  • 2月10日の時点で、中国は2,478件の新規確認症例を公に報告し、5,918件の新規症例を非公開で報告しました。 この事から、139%の違いがあります。
  • 2月17日、中国は、パンデミックが武漢で発生したと考えられているHubei州で、合計93件の新たな死亡を公表した。 196件を個人的に報告しながら。 2倍以上の違いがあります。
  • 3月7日、中国はHubeiでの死者総数を2,986人と公に報告し、非公開では3,456人を報告しました。

このドキュメントは、2019年10月から2020年4月までのパンデミックに対するヘルスケアシステムの対応についての洞察を提供します。

パンデミックのピークに近づいている3月、中国当局は、症状の発症からCovid-19の確認された症例を確実に診断するまで、平均23。3日(3週間以上)かかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。