この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Laskar FPI Ditembak Polisi,
DPR Minta Jokowi Bentuk Tim Pencari Fakta

オンラインメディア「ソアラ」で伝えています!
07 Desember 2020 | 20:27 WIB


インドネシア国会DPR法務委員会のメンバーであるナシル・ジャミル氏は、今朝早くにジャカルターチカンペック有料道路で、警察とハビビ リジーク シハブ氏の支持者との衝突に関する事実調査チームを結成するよう、モエルドコ大統領スタッフを通じてジョコウィ大統領に要請しました。

この事件は6人のリジーク支持者を殺害されたことが知られています。したがって、ナシル氏によれば、現在流れている情報は依然として混乱しているため、政府が事実調査チームを編成することが重要である。

「事件に関する情報の混乱があるので、大統領が事実調査チームを結成することを望んでいる。うまくいけば、事実調査チームと一緒に、事件についての真実を見つけるだろう」とナシル氏は月曜日(2020年7月12日)の法務委員会IIでの会議で述べた。

しかし、モエルドコ氏は事実調査チームの要請についてはあまりコメントしなかった。 ジョコウィ大統領に提案を提出すると言っただけです。

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。