タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Gojek, Grab merger could spell start of antitrust investigation

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が報じています!
Mon, December 7, 2020   /  07:31 pm


東南アジアの「巨大ライドシェアリング」会社、ゴジェクとグラブが合併契約について話し合っていると報じられている。

しかし、当局や専門家は、そのような支配的な企業の統合は市場の独占を引き起こすだろうと警告している。

ゴジェックとグラブの合併は独占禁止法の調査の開始を招くことがある

  独占は価格のダンピングをもたらす可能性があり、それは新しいプレーヤーが市場への成功を妨げたり、または単一のプレーヤーが価格を管理する結果となる可能性があります。

ビジネス競争監督委員会(KPPU)は、合併および買収後の市場集中および競争への影響に基づいて、企業行動を審査します。

KPPUコミッショナーのグントゥール・サラギ氏は木曜日に言った。

  「すべての企業行動、特に同じ分野での合併や買収が、市場構造に影響を与える可能性があります」と彼は言いました。 「Grab-Gojekの合併が発生した場合、委員会は合併後30日以内に通知を必要とします…

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。