この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
CCTV di Lokasi Penembakan 6 Laskar FPI Offline

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
08 Des 2020 23:00 WIB


ハビビ リジーク シハブ氏の信者の「FPI」6人のメンバーが、「ジャカルタ-チカンペック線」有料道路のKm50で警察との銃撃戦中に射殺されました。 撮影場所のCCTVもアクティブではないので問題です。

オフラインのCCTV障害の報告を受けた後、ジャカルタ-チカンペック線」有料道路の職員は日曜日からこれを検査チームに報告し、問題の原因の場所を探しました。

PT Jasa Marga(Persero)Tbkは、日曜日(06/12)の04.40 以降、バックボーンネットワークリンクのCCTV / FiberOpticがKm48 +600で中断したと説明。

(※)PT Jasa Marga(Persero)Tbk

有料道路サービスプロバイダーおよびその他の関連事業に従事するインドネシア国営企業

PT Jasamarga Tollroad Operator(JMTO)の社長ディレクターであるRaddy R. Lukman氏は、この時点での混乱により、CCTVネットワークがKm 49 + 000(West Karawang)からKm 72 + 000(Cikampek)でオフライン/停止したと述べました。

(※)PT Jasamarga Tollroad Operator

上記の会社「PT Jasa Marga(Persero)Tbk」の有料道路の運営会社

関連記事:

警察に撃たれたFPI部隊、DPRはジョコウィ大統領に事実調査チームを結成するよう要請

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。