この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Mengulas CCTV Tol yang Tak Berfungsi saat Adu Tembak Polisi vs FPI

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
09 Des 2020 07:16 WIB


「ジャカルタ-チカンペック線」有料道路のキロメートル(KM)50のCCTVが動作していません。

その場所は、6人が殺されたハビビ リジーク シハブ氏の信者と警察のための銃撃戦の場所でした。

インドネシア運輸協会(MTI)の事務局長であるハルヤ・ステヤカ氏は、これまでのところCCTVが有料道路運営の最低サービス基準(SPM)になっていないことを明らかにしました。

有料道路の運営会社として、PT.Jasa MargaはCCTVを提供する義務はありません。

「CCTVは有料道路SPMの一部ではありません。とHaryaは火曜日(2020年8月12日)に連絡したときに述べました。

ハルヤ氏は、CCTVが有料道路の「最低サービス基準」としてすぐに使用できるようになることを望んでいます。ハビビ リジーク シハブ氏の信者のメンバーを殺害した有料道路での銃撃事件とは別に、有料道路でのCCTVは、交通の運用と管理を支援できるため、重要であると考えられています。


関連記事(1)

「FPI」6人の部隊、オフラインの撮影場所でのCCTV

 


関連記事(2)

警察に撃たれたFPI部隊、DPRはジョコウィ大統領に事実調査チームを結成するよう要請

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。