この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Indonesia dan Motif di Balik Pasokan Vaksin China

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!


インドネシア-アナリストは、国が供給したコロナウイルスワクチンの背後にある中国の動機についてインドネシアに警告した。

彼らはそれを、インドネシアに高利の外国債務証券を持たせることができる賭けの一形態と見ています。

インドネシアは、中国製のCovid-19ワクチンがコロナウイルスの発生を克服するのに役立つと確信した後に警告がきます。

A F Pによると、「フランス通信社」
北京は、パンデミックによって傷つけられたイメージを改善するために、貧しい国々のためにワクチンへの優先的なアクセスを約束しました。

今週、さらに180万回の投与が来月到着します。

ただし、専門家によると、このようなアクセスには制限がある可能性があります。

「中国の 『ワクチン外交』は無条件ではない」

「アルディティア・エドゥアルド・エレミア」氏と「クラウス・ハインリッヒ・ラディティオ」氏は、シンガポールに本拠を置くユソフ・イシャク学院が今月発表した論文で述べています。

「北京はワクチンの供給を利用して、特に南シナ海を主張するデリケートな問題について、地域の議題を進めることができる」と彼らは書いた。

これまでのところ、インドネシアはシノバックワクチンの人間による試験を開始していますが、中国の規制当局からの承認をまだ得られていません。

しかし先週末、テラワン・アグス・プトラント保健大臣は、2019年コロナウイルス病(Covid-19)ワクチン接種の実施のためのワクチンの決定に関して保健大臣番号HK.01.07 / Menkes / 9860/2020の法令を発行しました。

6つのワクチンは、Bio Farmaを元に

  1. AstraZeneca、
  2. China National Pharmaceutical Group Corporation(Sinopharm)
  3. Moderna、
  4. Pfizer Inc
  5. BioNTech
  6. SinovacBiotech

デューク大学のワクチン追跡プロジェクトによると、保健大臣の承認を受けて、インドネシアはさまざまなサプライヤーからの3億5000万回以上のワクチン投与に関する合意に署名しましたが、投与量の大部分は中国のサプライヤーからのものです。

保健大臣の決定により、インドネシアのワクチン接種プロセスで使用できる6種類のCovid-19ワクチンが決定されました。

 

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。