この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Mendikbud Nadiem: Ada 3 Dosa di Sekolah
yang Tidak Boleh Ditoleransi

オンラインメディア「コンパス」が伝えています!
15/12/2020, 07:37 WIB


学習到達度調査(PISA)2018の調査データによると、インドネシアでいじめを経験したことを認める学生は41.1%がいます。

インドネシアは、いじめを経験している学生が最も多い国として、78か国中5番目です。

児童虐待に関する調査によると、子供たちは身近な場所や知り合いによる暴力を経験しています。

これは、学校で仲間、教育者、または教育関係者から起こるのは例外ではありません。

一方、インドネシア児童保護委員会(KPAI)は、KPAIが子供に対して行ったいじめの事例は、ほとんどが小学生(SD)の学生によるものである事を明らかにした。

2019年1月から4月に直接またはオンラインの苦情を通じて提出された事件から、KPAIによって記録された事件は25件で、全体の67%であったことが知られています。

以前、KPAIは2018年に、環境における暴力が支配的な多数の子供の権利の侵害を発表。

2018年を通じて処理された445件のケースのうち、約51.20%が身体的、性的、および口頭による暴力。 実際、皮肉なことに、学校で子供たちが経験する身体的暴力は、ほとんどが教育者によって行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。