この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Polda Metro Ancam Cabut Izin Tempat Hiburan
yang Gelar Acara Malam Tahun Baru

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
15 Desember 2020 17:34 WIB


ジャカルタ警視庁は、2021年の大晦日を祝うことを決意したナイトクラブとカフェの営業許可を取り消すことを提起します。

ジャカルタ警視庁・コミッショナーのユスリユヌス広報部長は、すべてのカフェとレストランはPSBB移行規制に従って営業時間制限を遵守しなければならないと述べました。

「たとえば、すでに閉鎖したものがいくつかありますが、

営業時間を超え、訪問者数を超えるカフェは、許可を取り消すように提起しました」と、2020年12月15日火曜日、南ジャカルタのオフィスでユスリ・ユヌス氏は言いました。

彼は、ジャカルタ警視庁は大晦日の活動の許可を発行しないと述べた。 警察は大晦日に無謀な群衆を解散させるためにパトロールを実施します。

「私たちは許可を与えません、警察はすべてに許可を与えません」とユスリ氏は言いました。

クリスマスと大晦日を安全を確保するために、ポルダメトロジャヤ(ジャカルタ警視庁)、(※1)ペンプロブDKIジャカルタ、(※2)コダムジャヤから合計8,179人の共同要員が配置されます。 2回の祝賀会で混雑を防ぐために、数千人の職員が配置されました。


参考資料:

(※1)ペンプロブDKIジャカルタ:ジャカルタ州政府
(※2)コダムジャヤ:ジャワ地方軍

コメントを残す