この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Presiden: Reformasi layanan publik
untuk perkecil adanya peluang korupsi

オンラインメディア「アンタラニュース」が伝えています!
16 Desember 2020 10:33 WIB


一般の人々の利益に直接関係する部門、
ビジネスエコシステムに影響を与える部門、
特に、零細、中小企業(MSME)は、政府の主な関心事です。

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、政府は腐敗の機会を最小限に抑えるために公共サービス部門とライセンス部門を改革し続けていると述べた。

水曜日、2020年世界腐敗防止デーを記念して、開催されたジャカルタの州庁舎でジョコウィ大統領は、零細、中小企業(MSME)部門など、一般の人々の利益に直接関係する部門の改革が政府の主な関心事になると述べた。

一般の人々の利益に直接関係する部門、ビジネスエコシステムに影響を与える部門、零細・中小企業(MSME)部門は、政府の主な関心事です」と大統領はスピーチで述べました。

大統領は、政府は構造的かつ大規模な改革を続けると述べた。重複する規制や複雑な官僚機構は削減され、簡素化されます。

「その後、e-budgeting(予算)、e-procurement(調達)、e-audit(監査)、その他のアプリケーションなどのデジタル技術の使用によってサポートされます」と彼は言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。