この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Presiden Jokowi: Meski listrik KPK
padam pemberantasan korupsi tak boleh padam

オンラインメディア「アンタラニュース」が伝えています!
16 Desember 2020 10:31 WIB


ジョコ・ウィドド大統領は、世界腐敗防止デー(ハコルディア)のピーク記念日に腐敗撲滅委員会(KPK)の電力がなくなったとしても、腐敗の根絶を止めてはならないと述べた。

「KPKの電気が切れたとしても、腐敗の根絶を止めてはならない」と水曜日にジャカルタの州庁舎でジョコ・ウィドド大統領は言った。

大統領事務局のYoutubeチャンネルとインドネシア腐敗撲滅委員会(KPK)でも生放送されたこのイベントは、停電のためにKPK会長のフィルリ・バフリ(Firli Bahuri)氏が開会のスピーチを行った時、約5分間中断されました。 電気が戻ったとき、ジョコウィ大統領はすぐにスピーチをしました。

内務大臣:ティト・カルナビアン氏(Tito Karnavian)
国家開発計画大臣/国家開発計画庁長官:スハルソ・マノアルファ氏
(Suharso Manoarfa)
公共事業および公共住宅大臣:バスキ・ハディムルジョノ氏
(Basuki Hadimuljono)
Moeldoko大統領のスタッフ長、
KPK監督委員会および関連する州当局者を含むその他が、
世界腐敗防止デー(ハコルディア)に出席した。Hakordia(Hari Anti Korupsi Sedunia)

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。