タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Jakarta-Bandung high-speed railway progresses by 64%,
completes drilling of fifth tunnel

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が伝えています!
December 17, 2020   /   02:44 pm


インドネシアと中国の企業の合弁会社である鉄道開発会社「PT.Kereta Cepat Indonesia China(KCIC)」は、パンデミックによる遅れの中で、広く期待されているジャカルタ-バンドン高速鉄道の建設が63.9%に達したと発表した。

同社は、ジャカルタと西ジャワのブカシを結ぶジャカルタ-チカンペック有料道路の下にある、1.8キロメートルにわたる「トンネル1」と呼ばれるトンネルの掘削を完了しました。

ジャカルタ-バンドン高速鉄道建設64%、5番目のトンネルの掘削が完了

KCICのチャンドラ・ドウィプトラ社長は火曜日の声明で、直近のトンネル掘削の完了により、完成したトンネルの数が5つに切り上げられたと述べた。

「このトンネルの完成により、私たちのトンネル掘削作業の進捗状況は、16 kmの列車トンネルの全長の74.94%に達しました」とチャンドラ氏は述べています。

彼はまた、同社は今後2か月で他の2つのトンネルの掘削を完了することを目指していると付け加えた。

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。