この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
PT KAI Pastikan Pengguna Kereta
Belum Perlu Pakai Rapid Test Antigen

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
17 Desember 2020 16:29 WIB


PT Kereta Api Indonesia<インドネシア鉄道会社>は、Rapid AntigenTest「抗体ラピッドテスト」の使用に関する政府の方針をまだ待っています。

2020年12月17日木曜日、バンドゥンにあるクスワルドヨ氏の「オペレーションエリア2バンドゥン」のPT KAIの広報マネージャーは、「抗原スワブの方針に関しては、政府からのさらなる決定をまだ待っている」と述べた。

これまで、KAIは、広い地域にありますが、長距離列車サービスを使用するための要件のオプションとして、「抗体ラピッドテスト」の結果を使用してきました。

抗体ラピッドテスト」の使用は、以前に公布された多くの規制を指します。

この方針には、2020年6月8日付けの運輸省通達 14、および2020年6月26日付けのCovid-19タスクフォースの通達9が含まれます。

「オペレーションエリア2バンドン」では、「抗体ラピッドテスト」が2つのステーションで行われます。つまり、バンドン駅とキアラコンドン駅です。

さらに、クスワルドヨ氏は、PT KAIは、長距離列車サービスを使用するために乗客が従わなければならない多くの要件を依然として維持していると述べました。

 

コメントを残す