この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Jelang Demo Pendukung Habib Rizieq,
Polisi Tangerang Jaga Perbatasan 24 Jam

オンラインメディア「スアラ」が伝えています!
Jum’at, 18 Desember 2020 | 11:07 WIB


タンゲラン警察は、「ハビブ・リジック・シハブ」氏の支持者がデモのためにジャカルタに行くことを見越して、BantenのSerangおよびSouth Tangerang Regenciesの周りで24時間待機しています。

タンジェラン警察のチーフコミッショナーである「アデアリ・シャム・インドラデ」AdeAry Syam Indradi氏は、幹部も4か所の料金所で待機していると述べた。

「私たちは、州議会議事堂にデモに行きたいと思っている14人もの若者たちを確保しました」とアデ氏は言いました。

当局は、バララジャバラト地区と「イースト・バララジャケミスマーケット」のケダトン料金所で待っています。

彼によると、当局の準備は「ソレア」と「サウスプリンス」の近くで行われている「正義の作戦」(オペレーションジャスティス)の一部です。

アデ氏は、各時点で警察は金曜日の午後まで待っていると付け加えた。

アデ氏は、拘束された若者は健康プロトコルに違反しているとみなされ、マスクのないオープンピックアップ車両に乗っていたため、距離を保っていなかったと述べた。

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。