この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Terkuak! Ada 18 Peluru Polisi yang Bersarang di Tubuh 6 Laskar FPI

オンラインメディア「スアラ」が伝えています!
Jum’at, 18 Desember 2020 | 19:52 WIB


「私が伝えることができるのは、18の銃撃による傷です。」

ハビブ・リジエク氏

の6人のボディーガードの体に宿った警察官の弾丸の数がついに明らかになりました。国立警察病院での法医学の結果から、FPI軍の6人のメンバーの体に18の銃弾の穴があったことが判明。

これは、警察刑事捜査庁の准将の一般的な犯罪ディレクターのアンディ リアン ジャジャディによって明らかにされました。

 しかし、アンディ氏は、しばらく前にジャカルタ-チカンペック有料道路のKM 50で警察との衝突中に死亡した、リジエックの6人のボディーガードの解剖した医師による検査の結果については詳しく述べなかった。

「一般的に、私が一般に伝えることができるのは、18の銃弾による傷がある」とアンディ氏は金曜日(2020年12月81日)に記者団に語った。

アンディ氏は、銃撃による傷は調査資料の一部であるため、詳細に説明することはできないと主張しました。

一方、彼はまた、死体解剖

の結果に基づいて、身体への暴力による負傷の兆候はなかったと主張した。

「他に暴力の兆候はない」と彼は言った。

 

コメントを残す