この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Gojek acquires Rp 2.25t in Bank Jago
shares as part of ‘long-term investment plan’

オンラインメディア「ジャカルタポスト」が伝えています!
Fri, December 18, 2020   /   07:02 pm


インドネシアの配車サービス大手Gojekは金曜日に、金融サービスを強化するための長期投資計画と戦略的パートナーシップの一環として、上場銀行Jagoへの出資を増やしたと発表しました。

ハイテク企業は、決済サービスGoPayを運営するPT Dompet Karya Anak Bangsaを通じて、場外市場にて

合計19.6億ルピアのBank Jagoの株式、つまり銀行の18.02%の株式を1,150ルピア(8 USセント)の価格で購入しました。

これは、Gojekが株式取得に約2.25兆ルピアを費やし、銀行の所有権を以前の4.14パーセントから22.16パーセントに増やしたことを意味します。

 「Bank Jagoのようなテクノロジーベースの銀行は、Gojekのエコシステムを強化し、インドネシア人にデジタルバンキングサービスへのより広いアクセスを提供します」とGojekの共同CEOであるアンドレスリストヨ氏(Andre Soelistyo)は金曜日の声明で述べています。

「このコラボレーションは、Gojekユーザーに金融サービスを提供する新しい方法の始まりであり、他の銀行と提携するためのモデルを開発することにもなります。」

バンクジャゴへの同社の投資は、将来のゴジェックの事業の成長と持続可能性を強化するための長期的な事業戦略の一部であると彼は付け加えた。

この動きは、金融サービス事業への足がかりを強化するためのGojekの取り組みを確固たるものにするだけでなく、ゴジェックのBankJagoへの関心は、株式市場の噂(株価好調)を裏付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。