この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Pengamat Ketenagakerjaan UGM:
UU Cipta Kerja bisa antar Indonesia leading Asia

オンラインメディア「コンタン」が伝えています!
23 Desember 2020 / 14:53 WIB


ガジャマダ大学 タジュウディン ヌルエフェンダ氏の労働オブザーバーは、雇用創出法に関する2020年法律第11号の施行がうまく行われ、インドネシアが東南アジアの先進国および主要国になることを期待しています。

この「投資エコシステム」を形成するために努力すれば、大きな飛躍をもたらすだろうと私は前向きに言う。これは適切に実行されなければならず、もちろん大統領令などはその実行に技術的要素を含めることができる」とタジュディン・ノア氏は述べた。 水曜日(23/12)彼の声明の中から。

彼によると、おそらく、既存の規制は20年前から施行されているため、雇用創出法は遅かったと考えられています。人口統計が変化すると、雇用機会も増加します。

インドネシアが持つ人口動態のボーナスにより、雇用創出法は可能な限り多くの労働者を吸収することができると期待されています。

 

「開発と人員の観点から、この規制は20年前から実施されるべきでした。 当時、投資エコシステムが存在していれば、インドネシア経済の変革に遅れはなかっただろう」と語った。

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。