タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Alat Pendeteksi Covid-19
UGM Mendapat Izin Edar

オンラインメディア「ブリタサトゥ」が伝えています!
26 Desember 2020 | 09:08 WIB


GeNose開発チームの責任者であるクワット・トゥリヤ(KuwatTriyana)教授は、土曜日(2020年12月26日)のジョグジャカルタ で書面による声明を通じて、RI保健省番号AKD 20401022883による「GeNose 検出器」配布許可が木曜日(2020年12月24日)に発行されたと述べました。

UGM (ガジャマダ大学)のCovid-19検出器「GeNose」が配布許可

「多くの関係者からの祈りと並外れた支援のおかげで、GeNose C19 検出器は、迅速なスクリーニングを通じてCovid-19の取り扱いを支援することで、規制当局、すなわち保健省による承認を受け始めるための配布許可を正式に取得しました」とクワット氏は述べています。

クワット氏によると、流通許可を取得した後、チームは、国家情報局(BIN)と研究技術省/国立研究技術庁/国家流通庁が資金提供するGeNose C19 検出器の最初の大量生産バッチを引き渡します。

彼は、限られた数のGeNose C19 検出器で最大の影響を与えることができることを望んでいます。

クワット氏は、最初の100ユニットがリリースされると、1デバイスごとに120のテスト、または1日に合計12,000人のテストを実行することを望んでいます。

1デバイスあたり120テストというこの数字は、息を吸うことを含めて、各テストに3分かかるという見積もりからのものです。

「つまり、1時間で20人をテストでき、それが効果的であれば、ツールは6時間機能します」と彼は言いました。

Covid-19を疑われる人に接近して、GeNose C19の配布を、空港、駅、移動できる病院や国家防災庁管轄の他の混雑した場所などで、目標通り行われれば、実現できるとクワット氏は述べています。

しかし、彼は、この段階では、個人使用のためにGeNose C19を調達することは不可能であることを強調しました。

クワット氏は、配布許可を取得した後、GeNose C19がまもなく大量生産されることを強調しました。

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

2 thoughts on “UGM (ガジャマダ大学)のCovid-19検出器「GeNose」が配布許可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。