この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ini Identitas Staf Kedubes Jerman
yang Datangi Markas FPI, Namanya Suzanhol

オンラインメディア 「ソアラ」は伝えています!
Minggu, 27 Desember 2020 | 11:25 WIB


名前はスーザンホル、ドイツの諜報機関であるBundesnachrichtendienst(BND)に登録されています。 

委員会IDPRのメンバーであるファルファン(M.Farhan)氏は、ペタンブランのFPI本部を訪れたドイツ大使館の代表は、外交官はスタッフではないことを明らかにした。

スーザンホルという女性の身元は、諜報機関またはスパイであることが判明しました。

ファーハン氏は、彼が入手したデータに基づいて、スーザンホルの名前がドイツの諜報機関であるブンデスナッハリッチテンディエンスト(BND)に記録されていることがわかったと述べた。

「ベルリンのいくつかの情報源に直接調査を行ったところ、これはスーザンホルの女性の名前であることが判明しました。彼女はドイツ外務省に登録されている公務員ではありません。彼女はBNDのメンバーとして登録されています。BNDドイツの諜報機関だ」と語った。

ドイツ大使館の代表者が外交官ではなくスパイであったという疑いは、ドイツ大使館が問題の女性の※ペルソナノングラータの要求を満たさなかったためでした。本来ならドイツ側は、関係者を出身国に帰還させなければなりません。

「私たちはペルソナノングラータを求めました。ペルソナノングラータは実行されませんでした。彼は外交官ではないため、ペルソナノングラータになることはできません」とファーハン氏は述べています。

ペルソナ・ノン・グラータ

ペルソナ・ノン・グラータ(ラテン語: Persona non grata)とは、接受国からの要求に基づき、その国に駐在する外交官として入国できない者や外交使節団から離任する義務を負った外交官を指す外交用語。 原義は「厭わしい人物」「好ましからざる人物」を意味する。<ウィキペディア>


<中略>

このため、このPDI-P派閥の政治家は、ジャカルタにあるドイツ大使館の長を直ちに召喚し、彼の行動について説明を求めたインドネシア外務省の態度を高く評価しています。 彼によると、インドネシア外務省はまた、ドイツ大使館に公式声明を発表するよう要求すべきである。

「ドイツ大使館は、特定の大衆組織への支援をすることはないと明らかにし、不寛容、過激主義、憎悪のスピーチと共同で戦うことを約束している。しかし、大使館の行動は関連省庁と調整されなければならないことを強調しなければならない。岩の後ろにエビを入れないでください。」と彼は言った。

コメントを残す