タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Besok, KSPI Demo Tolak UU Cipta Kerja
dan Tuntut Kenaikan UMSK 2021

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
28 Desember 2020 20:20 WIB


インドネシア労働組合連盟(KSPI)は、2020年12月29日火曜日、ジャカルタの憲法裁判所でデモを開催します。KSPIサイード・イクバル大統領は、この行動は他の18の地域でも開催されると述べました。すなわち、バンドゥン 、スマラン、スラバヤランプンバタムゴロンタロなど。

(参照)UMSK:産業別最低賃金

イクバル氏は2020年12月28日月曜日の声明のなかで、「行動の各場所は、フィジカル・ディスタンシング」(同意:ソーシャル・ディスタンシング)距離を保つ事により、数百人にフォローされた」と述べた。

イクバル氏は、この行動で2つの要求を表明する。すなわち、雇用創出に関する2020年法律第11号の廃止を促し、2021年に地区/市のセクター最低賃金(UMSK)の引き上げを要求。

12月29日(火曜日)、KSPIのデモ「雇用創出法を拒否し、2021年のUMSKの増加を要求」

憲法裁判所への手続きに関して、イクバル氏は、KSPIが正式かつ司法審査の申請書を提出したと述べた。

司法審査は、雇用創出法の約60章から12の問題に疑問を投げかけました。

つまり、最低賃金、退職金、定時労働協定、労働者のアウトソーシング、労働時間、休暇、一時解雇、刑事制裁の撤廃、外国人労働者、社会保障、労働者の配置の問題です。

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。