この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

UU Cipta Kerja wajibkan investor asing
alih teknologi ke pekerja Indonesia

オンラインメディア「コンタン」が伝えています!
29 Desember 2020 / 10:13 WIB


政府は現在、雇用創出に関する2020年法律第11号の派生規則である政府規則(RPP)および大統領規則草案(RPerpres)を起草しています。

RPPとRperpresでは、政府は外国人投資家に技術をインドネシアの労働者に移転することを義務付けるよう求められています。

DPDプリブミインドネシア起業家協会(HIPPI)ジャカルタの中央執行委員会・会長であるサルマン・マンジョラン(Sarman Simanjorang)氏は、雇用創出法では、地元の労働者に職業または技術の移転を行う義務があり、事業者または外国人投資家からなされなければならないと述べた。

資料:Dewan Pengurus Pusat Himpunan Pengusaha Pribumi Indonesia (DPP HIPPI)
プリブミ・インドネシア起業家協会

技術の移転により、インドネシアの労働者のスキルと能力が向上することが期待されています。

「もはや訴えではなく、技術を移転する義務がある。外国人労働者は国の労働者たちにはできない特定のスキルを持っているからだ。

今、ここで彼らが競争できるように技術を地元の労働者に移転する義務が課されている」とサルマンは述べた。先週の投資と技術移転に対する雇用創出法のプラスの影響に関するウェビナーでの彼の声明。

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。