この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sejarah Tempe, Bukti Kecerdasan
Orang Indonesia Tempo Dulu

オンラインメディア 「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 05/01/2021 14:49 WIB


大豆の高騰は、市場でテンペを希少で高価なものにします。

この状況は、売り手と一般の人々が根付いている本物のインドネシア料理を見つけることを困難にします。

テンペは確かにインドネシアの食生活と切り離す事は難しく、インドネシア社会の主力メニューのひとつになっていると言えます。

大豆を使った食品は何百年も前から存在していると言われています。

さまざまな歴史的記録では、テンペが日常生活に伴う食品であり、過去のインドネシア社会の知性の証拠となったことを示しています。

テンペの製造は、ジャワで広く栽培されている黒大豆から始まります。 大豆を意味する「カデレ」という言葉自体は、12世紀頃に「セラト・スリ・タンジュン」という物語に出てきます。

しかし、多くの情報源は、多くの大豆が中国から来ているとも述べています。

人たちは、耐久性のある食材にするために、煮沸から発酵まで、長いプロセスを通じて大豆をテンペに加工します。 

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。