この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bus Listrik Inka E-Inobus
Mengaspal di Jakarta

オンラインメディア 「テンポ」が伝えています!
1 Januari 2021 18:42 WIB


スラバヤでの路上試験の後、PT INKA(Persero)によって製造されたE-Inobus電気バスがジャカルタでの動作についてテストされます。

首都でのE-Inobusの運用テストは、Transjakarta 「地方政府所有企業」と協力しています。

「INKA電気バスはジャカルタで3ヶ月間テストされました」とINKAは2020年12月31日木曜日にツイートしました。

E-Inobusは、長さ8メートルの中型電気バスです。 フル充電に必要な時間は3〜4時間かかります

電気バスのサウンドレベルは、ディーゼルバス(平均85 dB)と比較すると、はるかに優れています(平均71 dB)。

SM製品開発および技術開発PT.INKA(Persero)Febry Pandu Wijayaは、ジャカルタでのE-Inobus電気バスのテストは、特にTrans jakartaバスの運用ルートでのバッテリーとモーターの性能を測定することであると明らかにしました。

PT Inka製の電気バスのテストスケジュールは、2020年12月23日から2021年4月6日まで暫定的なものです。<中略>

インカ社は、2020年10月19日月曜日にマディウン地域の高速道路とマディウン-カルバン有料道路でE-Inobusのテストを開始しました。

テストは、大量生産前にバスの電気的性能をテストするために実施されました。

<参照情報>

PT.INKA:インダストリ・クレタ・アピ(ウィキペディア)
インドネシアの鉄道車両・バスメーカー。インドネシア政府が100%株を所有する国営企業である。

コメントを残す