この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Jokowi soal Pandemi:
Masih Beruntung Tidak Sampai Lockdown

オンラインメディア 「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 08/01/2021 15:25 WIB


2020年3月のCovid-19の大流行以来、インドネシアはロックダウンを実施しなかった事に、ジョコウィ大統領は感謝の意を表した。

次に、ジョコウィはインドネシアの状況を、英国、日本、タイなどのロックダウンを実施している他の国と比較しました。

彼によると、ヨーロッパの諸国が1、2か月、最大3か月間ロックダウンしている場合など、ロックダウンは数ヶ月間を費やす事もあります。

「ジョコウィ氏は金曜日(1月8日)にボゴール大統領宮殿で労働資本援助の提供を開始した時に言った。

神様に感謝します。

まだロックダウンしないのは幸運です

彼はロックダウンを設定しなかったので、ジョコウィはインドネシアの人々がまだ活発であることに感謝しています。

彼はまた、手を洗う、マスクを着用する、距離を保つなどの健康プロトコルの実施から怠らないように住民に注意を促した。

それでも、ジョコウィ氏は、経済状況がパンデミックの影響から切り離すことはできないことを理解しています。 それは彼がコミュニティ、特にUMKMの方々に戦い続けるように頼んだからです。

<参照情報>
UMKM:「Usaha mikro kecil menengah」の略語で、「中小零細事業者」

私は、この状態で誰も諦めないことを願っています。

しかし、これらの非常に困難な状況で生き残るために、私たちは懸命に努力し続けなければなりません」と彼は言いました。

DKIジャカルタの知事は、状況が近い将来すぐに回復することを確信しています。 政府は来週からワクチン接種を開始するからです。

「後に、インドネシアの人口の70%にあたる1億8200万人が予防接種を受けた場合、共同免疫と呼ばれるものがあります。神は喜んで、Covidは停止します。それが私たちの希望です」とジョコウィ氏は語った。

コメントを残す