この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Janji Jokowi ke Jepang Soal Patimban
Bisa Terpenuhi, Ini Caranya

オンラインメディア「ビジネス」が伝えています!
08 Januari 2021 


パチンバン港事業共同体に関するジョコウィ大統領の日本の首相との約束は、勝利の運営社としてハイルル・タンジュン財閥(CTCorp)の手に委ねられるという決定によって実現可能。

CT Corp事業共同体は、ジョコウィ大統領と日本の首相との間の合意を履行するために、パチンバン港の管理において、日本の事業共同体と協力することができるとされている。

運輸省のスポークスパーソン、アディタ・イラワティ氏は、CT Corpは、日本の事業共同体が参入に関心があるかどうかを含め、必要なパートナーを招待できると述べた。

この声明は、インドネシア大統領と日本の首相が合意したように、日本の事業共同体とインドネシアの事業共同体が近い将来、インドネシアと日本の共同事業者として協力することができるという日本大使館の経済大臣の希望に応えた。


<参考資料>
  • CT Corp(PT Chairul Tanjung Corpora)

プリプミの富豪であるハイルル・タンジュン(Chairul Tanjung)氏が1987年に設立した新興財閥。

  • 日本政府、インドネシアのPatimban港プロジェクトの借款契約へ

インドネシアの海洋水産省は7月25日、独立行政法人国際協力機構(JICA)がインドネシアのPatimban港プロジェクトのための借款契約に署名する意向であると発表した。<DIGIMA NEWS>

https://www.digima-news.com/20170801_22395

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。