この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Babak Baru 2 Kasus Kerumunan Habib Rizieq

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
14 Jan 2021 07:16 WIB


ハビブ・リジエック・シハブ氏を罠にかけたペタンブランとメガメンドゥンでの群衆事件は、新しい章に突入しようとしています。

本日、彼を罠にかけた事件は、国家警察によって検察官に転送されます。

南ジャカルタ地方裁判所の裁判官によって、行われたハビブ・リジエック氏によって提案された裁判前の拒絶に続いて、ハビブ・リジエック・シハブ氏の2つの事件を継続するという国家警察の決定があった。その時、唯一の裁判官アクマド・サヒュティ(Akhmad Sahyuti)氏は、ハビブ・リジエック・シハブの申請が却下されたと判決を読み上げました。

火曜日(2021年12月1日)、南ジャカルタのジャラン・アンペラ・ラヤにある南ジャカルタ地方裁判所で判決を読んだの裁判官アクマド・サヒュティ氏は、「申立人からの審理前の請願を完全に拒否すると判断します。」と述べた。

考慮したが、裁判官は、中央ジャカルタのジャランペタンブランにあるハビブリジエックの家の群衆に関して警察が行った一連の調査を有効であると見なした。

裁判官はまた、事件の状況を上の段階への調査にアップグレードする前の調査官は規則に従っていると述べた。

「証人と専門家の証拠から、裁判官は容疑者の決定が有効な証拠によって裏付けられているとの意見である」と裁判官は述べた。 「したがって、請願は法律によれば根拠がなく、却下されなければならない」とサヒュティ裁判官は述べた。

コメントを残す