この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Pariwisata Bali yang Masih Sepi Bak Kota Mati

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
Kamis, 14 Jan 2021 05:02 WIB


COVID-19のパンデミックが発生して以来、バリ島の観光は中断されました。

この傾向は昨年から現在に至るまで続いています。

COVID-19パンデミックが2月頃にインドネシアに侵入して以来、バリはその魅力を失っています。

観光で暮らす島として、インドネシア政府は外国人観光客の国境を閉鎖するという政策も、そこでの観光活動に影響を与えています。

その結果、バリの観光は2020年に生き残るのに苦労しました。

以前は外国人観光客に依存していたバリは、国内観光客に切り替え始めました。

 これは、2020年7月末に観光を開始したバリ州政府の方針に沿ったものです。

それ以来、国内の観光客はゆっくりとバリに戻ってきました。

再開に加えて、バリの観光関係者の多くは健康プロトコルも実施しています。

確かに国内観光客は増えていますが、バリはまだ静かだそうです。

コメントを残す