この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Pesawat Lion Air dan Garuda Gagal Mendarat di Pontianak, Dialihkan ke Batam dan Palembang

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
14/01/2021, 09:28 WIB


ジャカルタのスカルノハッタ国際空港から、カリマンタン島西部西カリマンタン州のスパディオポンティアナック国際空港へのライオンエアとガルーダの航空機の着陸は、水曜日(13/Jan/2021)に別の空港に迂回されました。

便名JT684のライオンエアのフライトは、バタムハンナディム空港に迂回され、ガルーダインドネシア航空の便名GA 504は、パレンバンのスルタンマフムードバダルディンII空港に向けられました。

 空港監理会社「Angkasa Pura II」ポンティアナックのエグゼクティブゼネラルマネージャーの、エリ・ブラリアントロ氏は、着陸の迂回は悪天候によるものであると述べました。 「今日、気象要因のために、ライオンエアとガルーダがバタムとパレンバンに迂回した2つの飛行機があります」とエリは水曜日の午後に記者団に語った。

コメントを残す