この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sandiaga Uno Ungkap Fokus Pariwisata
Saat Pandemi adalah Wisatawan Nusantara

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
14 Januari 2021 14:56 WIB


観光創造経済大臣の サンディアゴ・ウノ氏は、パンデミックが続く中、観光業の目標が修正されたことを明らかにした。

そのうちの一つは、国内の観光客に焦点を当てることです。

問題は、現在インドネシアが2021年1月28日まで国境を閉鎖していることである。「これは以前に発表された目標に影響を与えるだろう。したがって、国内の観光客に焦点を当てて革新、適応、協力を行う」とサンディアゴ氏は、2021年1月13日水曜日に言った。

彼はまた、後に起こるであろうパンデミックの影響も経験する17の創造的な経済サブセクターがある言いました。同省は、アニメーション、映画、音楽、その他の分野の双方から、指導と能力向上の形で施設を提供します。

サンディアゴ氏によると、この改革は、創造的経済活動の(クリエイティブ・エコノミー)のプレーヤーがデジタルを使い、加速させている変革を適応できるようにするために行われます。

私たちはこれら17のサブセクターに本当に挨拶したいと思います。コンセプトは「誰にも取り残されていない」ので、どのセクターも取り残さない」と彼は語った。

サンディアゴ氏はまた、3Gを介したクリエイティブ・エコノミーセクターの開発において、すべての利害関係者に

つまり

  1. Gercep(高速移動)
  2. Geber(共同移動)
  3. Gaspol(このセクターの仕事の効率化をするためにすべての可能性を活用

の知恵を出し合うように呼びかけました。

「そしてもちろん、このセクターが事業をより簡単に運営できるようにするために、規制に関連するアプローチも作成します」と彼は言いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。