この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bakamla intercepts Chinese research
vessel in Sunda Strait

オンライメディア「ジャカルタポスト」が伝えています!
Sun, January 17, 2021   /  08:42 am


海事保安庁(バカムラ)は水曜日の夕方、インドネシアの海域を通過する際に自動追跡システムが3回別々に非アクティブであった中国の調査船を迎撃しました。

 「KN Pulau Nipah 321は、水曜日の午後8時頃に中国の調査船Xiang Yang Hong03を迎撃しました。

スンダ海峡を通過している間」とバカムラのスポークスマン、ウィスヌ・プラマンディタ大佐は金曜日の声明で述べた。

彼は、中国の船が10.9ノットで航行しており、南西に向かっていると述べた。ウィスヌ氏によると、この船の自動識別システム(AIS)は、北ナツナ海、南ナツナ海、カリマタ海峡にあるインドネシアの群島シーレーン(ALKI)Iを通過する際に、3つの間隔で非アクティブでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。