この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Pakar Anggap PPKM Tak Optimal,
Lebih Longgar dari PSBB

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 18/01/2021 14:28 WIB


アイルランガ(Airlangga)大学の疫学者ウィンドゥ・プロノモ氏(WindhuPurnomo)は、コミュニティ活動(PPKM)に制限を課すという方針は、インドネシアでのコロナウイルス(Covid-19)の伝播率を減らすことに成功していないと評価しました。

ウィンドゥ氏は、PPKMは実際には大規模な社会的制限(PSBB)ほど厳格ではないとさえ考えています。

ウィンドゥ氏は、土曜日(1月16日)に、PPKMが効率的に実装されていないことを証明したと述べました。

「PPKMはPSBBよりもはるかに緩い。オープンモール、100%の航空機容量など、本質的でない活動はまだ実行されている。

まるでワクチンがヘルパーであるかのように、ワクチンの栄光で、カバーされている」とウィンドゥ氏。

さらに、ウィンドゥ氏によると、政府の「テスト、追跡、および処理」<testing, tracing, dan treatment>の3Tの取り組みは最適に実行されていませんでした。

ウィンドゥ氏は、コミュニティは、すでに活動制限に飽きていたため、Covid-19のケースが増えると評価し、家の外で活動することをあえてしてしまいました。

さらに、1月11日から1月25日まで有効になるPPKMポリシーは、多くの変更をもたらさないと評価しました。 彼によると、政府の努力はまだ部分的です。

 「PPKMはロックダウンのように見えますが、ただ遊んでるだけ。政府の介入が不足しており、時には抜本的なものがありますが、それほと重要ではありません。ただ、中途半端に政策を受け入れている」と彼は説明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。