タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Polisi Buru Penyebar Hoaks Kasdim
Gresik Meninggal Divaksin

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 19/01/2021 07:20 WIB


東ジャワのグレシック県警察は、<Covid-19ワクチンを受け取った後、詐欺情報Kasdim 0817「チーフ スグン・リヤディ氏」>を探しています。

グレシック県地域警察官(警察内の階級:中佐相当)アリフ・フィトラント氏は、詐欺情報に関してKodim 0817と連絡したと述べた。

 「連絡から、それは真実ではないことが確認された。情報は無責任であり、日曜日の夜から多くのソーシャルメディアで広く流通している」とアリフ氏は述べた。

デマ流布「ワクチン接種後で死亡」(グレシック県警察司令部長)

彼によると、WhatsAppアプリケーションで広まっているこのメッセージは、グレシック県の多くの関係者にも受け取られました。

現在、犯罪捜査の刑事訴訟ユニット(Tipiter)のチームであるグレシック警察は、いたずらの原因が誰であるかを調査しています。

 

カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。