この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Komitmen Pemerintah Gunakan Ribuan Mobil Listrik

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
Rabu, 20 Jan 2021 09:17 WIB


インドネシアでは電気自動車がますます活況を呈しています。 2021年までに、数十万台の電気自動車がインドネシアで流通すると推定されています。

これは、エネルギー鉱物資源省(ESDM)のデータに記載されており、昨日の下院委員会VII での作業会議で、エネルギー鉱物資源大臣のアルフィン・タスリフ氏によって説明されました。

このデータでは、2021年の電気自動車の可能性は125,000台です。 一方、今年の電動バイクの可能性は13億4400万台に達するでしょう。

アルフィン氏によると、2030年までは、電気自動車やバイクの使用が増える可能性があります。 2030年までに、220万台の電気自動車と1300万台の電気バイクが存在すると推定されています。

「中央、地域、国有、民間のいくつかの機関が、KBLBB(バッテリーベースの電動電動車両)の使用を開始することを約束しました」とアルフィン氏は述べています。

カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。