この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

3 Rambu tentang Vaksinasi Covid-19
yang Perlu Diketahui

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
20 Januari 2021 16:15 WIB


政府は、地域の長、医療従事者から地域の指導者に至るまで、段階的にCovid-19ワクチン接種を強化しています。

Covid-19ワクチンは、インドネシア社会で、集団免疫を形成することが期待されています。

タルマナガラ大学医学部の内科スペシャリストであるベルマ・ヘルワント氏は、ワクチンは臨床試験を経ているため安全であると述べた。

知られているように、国家食品医薬品監督庁(BPOM)は、2021年1月11日に、中国からのシノバックワクチンの緊急使用許可(EUA)を発行しました。

 これまでのところ、ベルマ氏によると、Covid-19ワクチン接種後の副作用は、発熱、寒気、頭痛、疲労など最小限に抑えられています。

「薬物アレルギーの既往歴のある人に一般的に発生する「cを除いて、深刻な副作用は報告されていない」とベルマ・ヘルワント氏は2021年1月20日水曜日にテンポで声明で述べた。

彼によると、このリスクは、ワクチン接種後30分間の監督によって最小限に抑えることができます。 そのため、Covid-19ワクチンを注射された人は、自分が何を感じているかを常に認識し、健康上の問題が発生した場合は報告する必要があります。


公衆が知る必要があるCovid-19ワクチン接種に関連する3つの兆候は
次のとおりです。

  • Covid-19ワクチン接種制限

Covid-19ワクチンは安全に使用できますが、18〜59歳の方にのみ投与されます。 ベルマ氏は、Covid-19のワクチン接種の制限は、その年齢範囲外の人々に対してワクチン試験が実施されていなかったためであると説明しました。

それでも、Covid-19ワクチンは、その安全性が証明されれば、18歳未満および59歳以上で一般に注射される可能性があります。 「ヨーロッパ諸国と米国では、Covid-19 mRNAワクチンがテストされ、高齢者または高齢者に投与されています」と彼は述べた。

  • Covid-19ワクチン接種が推奨されていないグループ

期待される免疫システムを生成できないことが懸念されるため、Covid-19ワクチンの入手が推奨されていないグループがいくつかあります。そのグループは妊娠中および授乳中の女性、自己免疫のある人々です。

Covid-19ワクチン接種が推奨されていないグループには、HIV患者または免疫障害のある患者、ならびに慢性疾患の患者も含まれます。ワクチンまたはワクチン成分に対する重度のアレルギーの病歴のある人にもワクチンを投与すべきではありません。

  • 必須の健康プロトコル

ベルマ氏によると、免疫は最初のCovid-19ワクチン接種の7日後に始まり、ブースター効果(※2)は2週間後にピークに達します。その期間中、ワクチンの接種者は依然としてウイルス感染の影響を受けやすい。

したがって、5Mの健康プロトコル、つまりマスクの着用、物理的な距離の維持、熱心に手を洗うこと、混雑を避けること、および可動性を制限することを遵守する必要があります。

<参考サイト>

<※>アナフィラキシー性アレルギー反応

アナフィラキシー反応の初期症状には不安感が多く、次いでチクチクした感じと、めまいが起こります。 症状がみるみる悪化して、全身にかゆみやじんま疹、腫れが出たり、喘鳴や呼吸困難が起きたり、失神したりします。 これ以外のアレルギー症状が出ることもあります。 これらの症状は生命を脅かす状態まで急速に悪化する可能性があります。

(※2)ブースター効果

体内で1度作られた免疫機能が、再度抗原に接触することによって、さらに免疫機能が高まることを意味する生物学用語である。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。