この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Nadiem: Ada 34.200 Sekolah di Indonesia
Sudah Belajar Tatap Muka

オンラインメデイァ「ソアラ」が伝えています!
Kamis, 21 Januari 2021 | 09:40 WIB


教育文化省は、Covid-19の大流行中に、インドネシアの全学校の約15%だけが授業で対面学習を再開したと述べました。

教育文化大臣のナディエム・マカリム氏は、対面で勉強した学校の数は34,200であり、残りはまだ家から学んでいると述べました。

「現在、すべての教育ユニットから対面学習を実施している学校は15%または34,200校あります。一方、186,552校または84.5%は自宅から学習しています」とナディエム氏は水曜日(2021年1月20日)に述べました。

ナディエム氏によれば、パンデミック状況が悪化しているため、子供の安全を検討している地方自治体はまだたくさんあります。

「私たちは地方自治体に対面式の権限を与えましたが、特に広い地域では、意欲のレベルはまだかなり低いです」と彼は言いました。

一方、大学レベルでは、60%がまだ遠隔教育を受けており、対面学習を行っていた大学は続けての実行が必要であると述べました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。