タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bio Farma Olah Bahan Baku dari China
Jadi 3 Juta Dosis Vaksin

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝え手います!
Jumat, 22/01/2021 06:40 WIB


PT Bio Farma(Persero)は、2021年1月20日の時点で、中国からのcovid-19ワクチンの原材料の大部分を300万回分にすぐに使用できるワクチンに加工しました。

完成したワクチンも品質管理に合格する、インドネシア国家食品医薬品監督庁(BPOM)に送られる段階。

BPOMに送られた後、Bio Farma ディレクターであるホネスティ・バシル氏(Honesti Basyir)は、「ワクチンが使用に適している」ことを示すロットリリース証明書を受け取ると述べました。 さらに、ワクチンは一般に配布することができます。

バイオファーマは中国からの原材料を300万回分のワクチンに加工

「本日現在、300万回分のワクチンが製造されており、品質管理プロセスがBPOMに送信され、「証明書」を取得するという最新の報告を受けています」とDPR / MPRビルのホネスティ氏は述べています。 水曜日(1月20日)

ホネスティ氏によると、制作工程は3段階の作業からなります。各段階で、完成したワクチンを100万回分生産できます。

完成したワクチンは300万個しか生産されていませんが、2021年2月に1200万回に達するという最大の生産目標を達成しようとしています。

この生産全体では、1月半ばから輸入されたワクチンに1,500万個の原材料を使用します。

「昨日のステージ1は10%のオーバーフィルで1500万に到達しました。つまり、到着した1,650万にさらに10%を追加できます。これが、現在生産しているものです」と彼は説明しました。

一方、国営製薬会社は年末までに、2021年1月から6月にかけて段階的にインドネシアに参入する予定の1億4000万の原材料からワクチンを製造する予定です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。